乾燥肌を治すために!知っておきたい化粧品や生活のポイントはこれ!

肌のスキントラブル!乾燥肌を治すにはどんな方法があるのか? 

冬も近づくこの季節、肌の乾燥が気になる方も増えてくると思います。

 

 

乾燥肌の原因には生活習慣、間違ったスキンケア、環境によるものから、肝機能の低下、栄養不足など体の不調によるものまで様々あります。

 

 

ここではそんな乾燥肌を治す二つの方法をご紹介します。

 

知っておきたい乾燥肌改善【2つのポイント】

 

正しいスキンケア

 

まず正しいスキンケアで大事なのは、肌のバリアをしてくれている皮脂を守ることです。

 

 

入浴や洗顔の際、お湯の温度は40度以下のぬるま湯にし、長くお湯に浸かりすぎたりゴシゴシ擦ったりしないよう気を付けましょう。

 

 

湯船に数滴保湿効果のあるオイルを垂らすのもお勧めです。

 

 

化粧落としは、オイルタイプのものより、クリームタイプジェルタイプがいいでしょう。

 

 

洗顔後や入浴後は、潤いが急激に失われていきますので、できるだけ早く五分以内に保湿に移りましょう。

 

 

手のひらのぬくもりで保湿剤をゆっくりマッサージしながら塗っていくとより保湿効果が増します。

 

 

忙しい毎日ですが、ストレスも乾燥の原因になり得ますので、リラックスして毎日楽しく続けられるといいですね。

 

 

体質改善

 

そしてもう一つの方法、体質改善には体の中から肌質を変えていく食事作りを心がけましょう。

 

 

有効な栄養素は皮膚のうるおいを維持し、新陳代謝に欠かせないビタミンA、新陳代謝を活発にし炎症を抑える役割のビタミンB、コラーゲン生成に欠かせないビタミンC、血行を促進し抗酸化作用の強いビタミンE、血液を作り美肌を促す鉄分などです。

 

 

これらは、新鮮な野菜や大豆製品、豚肉やレバーなどに多く含まれます。

 

 

乾燥肌に有効な栄養素を含む食材はどれも身近なものなので、肌に良い栄養素を毎日のメニューに取り入れて効果的に楽しく体質改善しづらい乾燥肌を治していきましょう。

 

 

カサカサの乾燥肌を治すには体質改善が効果的な理由について

空気が冷たく乾燥してくる季節、乾燥肌にはつらい時期ですね。

 

 

カサカサしてどんなに保湿してもなかなか改善しないという経験はありませんか?

 

それはあなたの肌の乾燥の原因がスキンケアにではなく体質そのものにあるからかもしれません。

 

 

乾燥肌になる原因とは

 

乾燥肌とはそもそも、皮膚の皮脂分泌量の低下などにより皮膚本来の持つバリア機能が弱まり、角質の水分含有量が低下している状態です。

 

 

肌表面のバリア機能が弱まる原因は人によりさまざまで多くの場合は間違ったスキンケアや生活環境、気候、年齢などによるものですね。

 

 

他にも肝機能の低下や栄養不足などの体質、体調も肌の状態を大きく左右します。

 

 

 

それであなたの乾燥肌が後者の原因からくる場合、スキンケアによる対策だけで乾燥肌を治すには限界があるのです。

 

 

そこで食事などにより必要な栄養素を補うことや生活習慣の見直しによる体質改善が非常に有効になってきます。

 

 

そうした体の内側からのケアにより内臓機能を高め新陳代謝を活発に行い角質のターンオーバーを促進することで、肌を若々しく保ち老化を防止できます。

 

 

乾燥して外からの刺激に弱くなっていた肌が、スキンケアだけに頼らずに紫外線や空気の乾燥、ウールや麻など刺激の強い生地の洋服やシーツにも過敏に反応しなくなっていきます。

 

徹底して見えてくる乾燥肌改善への道

 

食事や生活習慣の改善による体質改善を途中であきらめずに続けていくなら、毎朝のお化粧も乗りが良くなり、あきらめていた洋服も気持ちよく着こなせるようになるでしょう。

 

 

そして何よりあのつらい痒みから解放されます。

 

 

これからの季節を気持ちよく乗り切るために今、できることから取り組んでいきましょう。

 

乾燥肌の人にオススメの化粧品メーカー『アテニア化粧品

 

低刺激で保湿力に優れ、コスパも他のメーカーと比べてリースナブルなので、是非一度は使ってみてください!