乾燥肌の改善に優れた成分とは【意識して摂りたい食材について】

辛い乾燥肌を治したり改善するのに良いとされる成分や食べ物は?

つらい乾燥肌の対策といえばスキンケアと思いがちですが、普段の食生活からも改善できることをご存知でしたか?

 

まず有効な成分は、ビタミンAです。

 

 

角質のターンオーバーを促し、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きをします。

 

 

皮膚の潤いを保ちます。

 

 

緑黄色野菜やレバー、ウナギ、青魚、乳製品、のりやわかめなどに多く含まれます。

 

 

そしてビタミンB、これは新陳代謝を活発にし肌を若々しくする他、乾燥などで起こる炎症を抑える働きもあります。

 

 

あらゆる動物性、植物性の食べ物に含まれますが、特に豚肉や卵、大豆製品に多く含まれます。

 

 

しかし、ストレスの多い方や妊娠中の方は、ビタミンB群を大量に消費しますので、思い当たる方は特に積極的に摂るようにしましょう。

 

ビタミン類で最重要なのはどれ?

 

ビタミン類の中で特に重要なのがビタミンE

 

ビタミンEは乾燥肌の改善に欠かせません。

 

 

血行を促進し新陳代謝を促し、細胞を活性酸素から守るので乾燥による肌のしわやたるみを予防します。

 

 

ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類やアボガド、大豆製品とくに納豆に良く含まれています。

 

合わせて摂りたい成分

 

せっかく摂ったビタミンEは、タンパク質が不足していると、全身に運ばれていきません。

 

それで同時にタンパク質も十分に摂りましょう。

 

 

ビタミンCも非常に有効です。

 

 

コラーゲンの生成を促したり、体内の酸化を取り除いたりします。

 

 

また効果を失ったビタミンEの働きを復活させたりもします。

 

 

それでイチゴやレモンなどのフルーツ類や、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜を、たくさん撮るようにしましょう。

 

 

ただビタミンCは空気中の酸素や熱に弱いので切ったらすぐ食べる、できるだけ生のまま食べるといった工夫をし効率よく摂取しましょう。

 

 

 

乾燥肌に有効な成分や食べ物はたくさんあります。

 

 

これらを無理なく普段の食事に取り入れて、体の中から乾燥肌を治していきましょう。